会計ソフトの選択

会計ソフトは必須

青色申告をするにあたって会計ソフトはほぼ必須といえます。会計ソフトは有料のモノが多いですが、青色申告を複式簿記で記帳するたに必要となる各種帳簿「現金出納帳、預金出納帳、売掛帳…」などを手書きで記入する手間を考えた場合十分もとはとれると思います。

管理人は白色申告時代はエクセルを使って集計していたのですが、青色申告に切り替えたのを契機に「やよいの青色申告」を導入しました。最初は使用方法にとまどいましたがやはり専用に開発されているだけあってかゆいところに手が届くできとなっています。

たとえば「やよいの青色申告」では仕訳日記帳で仕訳を入力していけば、現金出納帳や預金帳に勝手に転記されていくため各種帳簿の関係で悩むことはありません。仕訳日記帳でお手軽に入力するだけで、青色申告に必要な各種帳簿が勝手にできていくのです!!

複式簿記で65万円の控除を狙う場合、様々な手間を考えると結局最初から専用の会計ソフトを導入したほうが結局は得になると思います。

メジャーなソフトを選択すべし

では具体的にどの会計ソフトを使えばいいでしょうか?管理人のオススメはメジャーな会計ソフトです。理由は

  • メジャーなもののほうがソフトに関する参考書や参考サイトなどの情報を入手しやすい。
  • メジャーな会計ソフト→会社も安定。ずっと使い続けていくソフトなので途中で無くならないソフトがよい

ということからです(個人的に長いものに巻かれる性格というのもありますが…)

値段だけにつられて安いものを選択すると後で苦労することが多いのでさけたほうがよさそうです。

やよいの青色申告がベスト

管理人は会計ソフトとして「やよいの青色申告」を選択しました。最大の理由はやはり、

メジャーだから

です。例えば青色申告の入門書をみても「やよいの青色申告」を使って解説している本が多くあり安心感が漂っています。実際使ってみても、さすがにこなれていて操作性に不安を感じる箇所はあまりありません(後述しますがe-taxソフトのわかりづらさに比べると雲泥のできといえます)。

おまけに上位エディションの「弥生会計」と同じ部分も多いので、会社の経理で「弥生会計」を使わなければならなくなったときに、「やよいの青色申告」でつちかったテクニックを生かせるかもしれません。

というわけで当サイトではやよいの青色申告を使って青色申告の方法を解説していきたいと思います。

やよいの青色申告
http://www.yayoi-kk.co.jp/products/aoiro/

サポートは入った方がよい

「やよいの青色申告」は普通に店頭でパッケージ版を購入することもできますが、サポート契約して使うこともできます。サポート契約のメリットは大きく分けて次の点にあるようです。

プログラムサポート
バージョンアップ製品無償提供など
保険サービス
破損/紛失CD-ROM再発行など
操作サポート
ヘルプデスク など
その他のサービス
弥生の福利厚生サービス

この中でうれしいのは、「バージョンアップ製品無償提供」と「ヘルプデスク」ではないでしょうか。

「バージョンアップ製品無償提供」とは、サポート契約期間中に「やよいの青色申告」の最新版がリリースされた場合、最新版のCD-ROMを郵送で送ってくれたり(プランによる)、ダウンロードできるようにしてもらえるサービスです。「やよいの青色申告」の場合、毎年年初にその年の確定申告の様式に対応した最新版がリリースされますが、店頭でパッケージを購入する場合、パッケージが今年の確定申告に対応しているかどうか悩んでしまうことがあります。サポート契約しておくとそのような悩みは一切関係なくなるので安心です。

「ヘルプデスク」で重要なのはホームページのFAQ情報を自由に閲覧できるようになることです。サポート契約をしていないと一部閲覧が制限されるため非常にはがゆい思いをすることがあります。

ちなみに、管理人はサポートを契約して使っています。FAQもなれてくるとほとんど見る必要はなくなりますが、最初のうちは結構お世話になりました。FAQを見るためだけでもはじめのうちはサポート契約をしたほうが精神的に安心できて良いのではないでしょうか?

もちろんコスト的にもったいないという気持ちも十分理解できますが、最初のうちはとくにオススメしたいサービスです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加