こんな時どうする

さまざまな仕訳

管理人もそうですが仕入が存在しない職業の場合、現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・仕訳日記帳を駆使すればほとんどの記帳はこなすことができると思います。しかしなかには一筋縄でいかない(?)ものもあるのでいくつかピックアップして説明したいと思います。

源泉徴収された金額が報酬として振り込まれた場合

売上として30万円を請求し源泉徴収された金額27万円が口座に振り込まれた場合を考えます。このような仕訳は一行で済ますことができないので「振替伝票」を使って複合仕訳を行います。

売掛帳でまず源泉徴収されていない場合を考えると次のようになります。

源泉徴収されてない場合

このままだと振り込まれた金額が30万円となり実際に振り込まれた金額27万円とつじつまがあいません。そこでこの項目を振替伝票に変換します。

振替伝票に変換

振替伝票の登録画面で、普通預金の借方金額を27万円に変更します。その下に勘定科目:事業主貸、補助科目:源泉徴収税、借方金額:3万円の行を追加します。最後に登録を押します。

売掛帳の画面に戻ると、タイプが[振伝]に、相手勘定科目が諸口に変換されていることがわかります。

振替伝票の登録完了

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加