固定資産

固定資産とは

取得額が10万円以上の備品は固定資産として扱う必要があります。固定資産は購入した年に全額経費として処理することができませんので、毎年少しずつ費用を計上していくことになります。この処理は減価償却と呼ばれ結構めんどくさい処理となります(やよいの青色申告には固定資産を扱う機能も備わっていますが…)。

ただし、取得額が10万円以上20万円以下の固定資産は一括償却資産として3分割して3年かけて費用を償却することができます。この範囲内の物を購入した場合、一括償却資産として計上したほうが簡単でしょう。

一括償却資産の償却処理

購入時に「一括償却資産」という勘定科目を使って仕訳してあることが前提です。6/20日に現金で15万円のノートPCを購入した場合次のような仕訳を仕訳日記帳で入力します。

一括購入資産の購入

決算の処理としてまず固定資産として登録します。[ツール]→[固定資産管理]→[固定資産一覧]で固定資産一覧を表示します。右クリックして新規作成を選択します。固定資産の新規登録ウィンドウが立ち上がります。入力する項目は次の通りです。

減価償却資産の名称等
ノートPC
数量
1
取得年月日
H.21/6/20
取得価額
150,000
取得方法
一括償却

固定資産新規登録

入力が完了したらOKを押します。固定資産として登録されました。

固定資産一覧

青色申告決算書に反映させるためには次の作業を行います。[ツール]→[一括償却資産一覧表]で一括償却資産一覧表を表示し、右クリックして一括償却資産設定を選択します。一括償却資産登録ウィンドウが表示されるので、当期の「本年分普通償却費」に5万円と入力します。これは取得価額の1/3での金額が償却されるという意味です。

一括償却資産設定

さらにこれだけでは仕訳に反映されません。仕訳に反映させるには仕訳日記帳で決算仕訳を入力します。これがすめば完成です。

決算
仕訳のタイプで決算を選択します
借方勘定科目
減価償却費
借方金額
5万円
貸方勘定科目
一括償却資産
貸方金額
5万円

決算仕訳

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加