経費の按分

経費の按分とは

自宅を仕事場として使っている場合、水道光熱費や家賃を全て経費として計上することはできません。普段の生活で使っている部分が含まれているため(これを家事消費といいます)、その分を除き事業で使っている割合だけを経費として計上しないといけないからです。これを経費の按分といい記帳の方法として様々なパターンがあります。

家事按分機能を使う

ここではやよいの青色申告の家事按分機能を使って経費を按分する方法を説明します。やよいの青色申告の家事按分機能を使う場合、月々の経費を全額経費としていったん入力しておき、年末の決算仕訳で使いすぎた分を「事業主貸」として返却するという流れになります。

水道光熱費として11/5日に6000円、12/5日に5000円を現金で支払った例を考えます(ほんとうは毎月支払いが存在するはずですが説明を簡単にするために省略しています)。
水道光熱費

家事按分機能を使います。家事按分は、決算・申告タブの家事按分アイコンをクリックして実行します。
家事按分実行

家事按分振替ウィンドウが開きます。次の用に入力します。

勘定科目
水道光熱費を選択します
事業割合
25%と入力します。割合は使用時間や面積に従って計算します。
事業割合
75%と入力します。残りの割合です。

割合入力

入力がすんだら、仕訳書出をクリックします。決算仕訳が書き出されます。
決算仕訳書出

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加